本文へ移動

環境のための約束、自然のための実践

「資源循環を実践する約束」に社員11,385人が参加して目標を達成し、ペットボトルの山ができている様子です。
資源循環を実践!
サムスン半導体社員が
率先して参加します。
GOAL
10,637
START
これまでに
名が 参加しました。

サムスン半導体の社員が
果たした1万1385件の
資源循環の実践の約束

約束にとどまらず
正しいごみの分別を
実践し、
ペットボトルをリサイクルした
ポリエステル繊維を活用して
暖かい冬用の布団をつくり、
支援を必要とする人たちに
届けました。

より良い明日のための
サムスン半導体社員の約束。

約束する者 約束する内容
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
チェ・*ス プラスチックや紙コップの代わりにタンブラーを使用します。
1 2 3 4 5 6

サムスン半導体の社員が
生み出す、小さいけれど大きな変化。
私たちの変化は
すでに始まっています。

大地で育つ芽を両手で持っています。

サムスン半導体は、社員、顧客、地域社会といった多様な
ステークホルダー、
そして人類社会に貢献する持続可能な企業となるために、社内外で様々な活動を展開してきました。

その一環として、世界のカーボンニュートラルに向けた取り組みに賛同し、プラスチックの使用削減とリサイクル拡大のための第一歩として、オフィスの ごみ分別ルールの改善を目指す「エコオフィス(Eco-office)」キャンペーンを進めてきました。

合計1万1385人の社員が参加した資源循環の実践の約束も、エコオフィスキャンペーンの一例です。
リサイクルとごみの分別に対する社員自らの約束を実践することで変化を生み出すという、サムスン半導体の意志を表しています。

サムスン半導体社員の
エコオフィス(Eco-Office)キャンペーン

6種類から10種類に増えたごみ箱と、ごみの分別がうまくできるよう支援するためのキャンペーンイメージ
6種類から10種類に増えたごみ箱と、ごみの分別がうまくできるよう支援するためのキャンペーンイメージ

2021年、サムスン半導体は1日の大半を過ごすオフィスでCO2排出量を減らそうという趣旨で、エコフィス(Eco-Office)キャンペーンを展開しました。

事業所内のごみ箱を6種類から10種類に細分化して効率的な分別ができる環境を構築し、使い捨て用品をなるべく使用しないようエコバッグと個人用の食器を支給しています。
ライブのクイズ大会やウェブ漫画、教育動画などを通じて、慣れないごみ出しのルールを楽しく伝え、誰でもごみの分別がうまくできるようにしました。

また、分別に力を入れる環境チームの担当者が作ったキャンペーンソング<Love分別ソング>は同僚たちの熱い支持を得て、ごみの分別キャンペーンへの参加意志をさらに高めました。

より大きな変化のための
空のペットボトルのイメージ、プラスチックを糸にした束、ペットボトルの再生繊維で作った布団です。 空のペットボトルのイメージ、プラスチックを糸にした束です。
새新たな挑戦、
温かな動き
ボトルの再生繊維で作った布団です。

サムスン半導体から分別されたペットボトルを糸(再生繊維)にリサイクルして環境に優しい布団をつくる制作過程を示したインフォグラフィック
1

社員が参加して分別したきれいな
ペットボトルは、フレーク・チップメーカーに
運ばれます。

2

ペットボトルは細かく粉砕され、
もう一度洗浄プロセスを経てから
プラスチックフレークにします。

3

プラスチックフレークは高温で溶け、
再び冷却するプロセスを経て小さなチップに
再加工され、
糸の原料になります。

4

この糸を使って生地を作ると、
環境に優しい布団カバーが誕生します。

1万1385人のサムスン半導体社員の約束が集まり、分別したペットボトルの再生繊維でできた布団1,000枚を事業所の近くに住む支援が必要な方に届けることができました。

「空にする・すすぐ・分別する・混ぜない」を通じて分別されたきれいなペットボトルは、プラスチックリサイクル企業と布団メーカーとの共同作業により、地域の住民の寒い冬を暖めてくれる素敵な布団に生まれ変わります。

지역사회에 기부된 친환경 겨울 이불
삼성 반도체에서 분리 배출된 페트병을 원사로 활용하여 만든 친환경 이불 상세 이미지

昨年12月13日、環境にやさしい冬の布団がサムスン半導体事業所の近くにある龍仁、平沢、五山、安城、牙山、そして火星にある福祉機関10ヶ所に渡されました。
暖かい冬の布団と一緒にサムスン半導体の従業員の暖かい心も伝えられたことを願っています。

地球と隣人、
そして私たち全員の
よりよい明日のために。

サムスン半導体社員の
資源循環の実践の取り組みは
すでに始まっています。