品質ポリシー

サムスン半導体(「サムスン電子」)は、最高品質のすべての製品およびサービスをお届けするために継続して品質管理システムを強化してきました。

サムスン電子の品質ポリシー宣言:

当社は、効率的な品質システムに基づいて、お客様のニーズと期待に応える最高の製品とサービスをご提供します。」

サムスン電子の品質目標は測定が可能で、品質ポリシーと同一です。品質目標には、プロセス別の主要パフォーマンス指標や顧客およびサプライヤーとの共同品質改善プロジェクトが含まれます。

継続的な改善プログラム

サムスン電子は優れた一貫性のある製品品質を達成し、最適なタイミングで顧客満足を保証できるよう最善を尽くしています。 このような目標を達成するために、サムスン電子は様々なプロセスの変動を安定的に制御し、生産性を継続的に向上させています。 しきい値パラメータの選択、測定システムの評価、しきい値パラメータの監視、プロセス能力の向上および対応計画からなるクローズドループ方法により、持続的な改善が行われます。 CIPの主な目的は、目標値との偏差を最小限に抑えることです。

サムスン半導体の品質管理、CIPの構築戦略

サプライヤー品質管理

構築戦略

サムスン電子は、ビジネスへの期待にお応えするために信頼できるサプライヤーおよび下請企業(以下、「サプライヤー」という)を選定して開発します。 各サプライヤーの実績を継続的に評価しており、定期的に(通常は年に一度)技術や品質、提供、コスト、財務の面で厳格な監査を実施します。サプライヤーに評価結果を通知し、サプライヤーは改善のための活動を進めます。

資材品質

サムスン電子は認証手続きに従い、安定した品質および供給能力を備えた資材を確保します。 この手順は、サプライヤーのセルフチェックシートと製造現場の監査によって、製品の適合性、供給リスク評価、生産能力の検証ができるように設計されています。

サムスン半導体の品質管理、サプライヤーおよび製造業者の資格認定手順

認証

品質標準認証

サムスン電子は、ISO 9001およびIATF 16949などの国際規格に基づく品質マネジメントシステム(QMS)認証を保有しており、顧客のニーズにお応えするために発展し続けています。サムスン電子の国内および海外製造現場は、ISO 9001認証を取得しています。

認証履歴

  • · 1993年、韓国半導体工業団地のISO 9001認証取得
  • · 1999年、米国テキサス州オースティン、中国蘇州半導体工業団地のISO 9002認証取得
  • · 1999年、韓国システムLSI工業団地のQS 9000認証取得
  • · 2001年、韓国半導体工業団地のTL 9000認証取得
  • · 2002年、韓国メモリー工業団地のQS 9000認証取得
  • · 2004年、韓国半導体工業団地のISO/TS 16949 -> QS9000認証をTS16949認証に切替
  • · 2005年、中国蘇州半導体工業団地のISO/TS 16949認証取得
  • · 2008年、米国テキサス州オースティン半導体工業団地のISO/TS 16949認証取得
  • · 2014年、中国西安半導体工業団地のISO 9001認証取得
  • · 2018年、米国テキサス州オースティン半導体工業団地のIATF 16949認証取得
      S.LSI半導体製品の設計および開発のためにISO 9001認証取得
  • · 2019年、中国西安半導体工業団地のIATF 16949認証取得
  • · 2021年、韓国天安半導体工業団地のIATF 16949認証取得

認証

製品規格認証

サムスン電子は、CEマーキングやCBなどの標準および規制を遵守するために多大な努力をしてきました。 業界標準を遵守することで、サムスン電子は業界およびお客様の変化に迅速に対応することができました。

地域による規準:
· 欧州連合 - CEマーキング、CB
· 米国 - EMC、安全性認証
· カナダ、オーストラリア、ニュージーランド - EMC認証
その他の地域:
上記以外の特定の地域は、追加の認証を必要とする場合があります。 詳細情報および特定の製品に関する国別の許可状況については、地域の責任者にお問い合わせください。 品質ガイドの品質管理に関する詳細については、品質ガイドをご参照ください。
品質ガイド
品質管理に関する詳細については、品質ガイドをご参照ください。
PDFダウンロード