本文へ移動
技術ブログ

「完璧」の追求:サムスン電子、1TB AutoSSDで未来のモビリティ・イノベーションへの道を開く

  • 共有
삼성 AutoSSD 오토모티브 낸드
삼성 AutoSSD 오토모티브 낸드
サムスン電子の次世代AutoSSDが、CES 2023イノベーションアワードでイノベーション賞を受賞した。今回のサムスン電子の受賞製品の一つである1TB BGA NVMe AutoSSD AM991は、高度化かつ加速化された自動運転時代における車内での最適なユーザー体験をサポートするメモリーソリューションである。 車載用メモリー市場の急速な成長 車載用メモリー分野は、電気自動車時代の幕開けとともに最も顕著な成長が期待される分野である。従来のPCやモバイル、サーバ機能が徐々に自動車内部に実装され、自動運転システムの高度化とハイエンド車載インフォテイメントの導入を中心に高容量・高性能メモリーの需要の急増が加速している。実際に、車載用メモリー市場は2021年の43億ドルから2027年には125億ドルに年間平均20%の成長率で成長すると予想され(出典:ヨリンテリジェンス1)、同期間のメモリー市場全体の期待成長率が8%であることを考慮すると、世界における車載用メモリー市場の急成長は明らかである。 1 ヨールインテリジェンス(Yole Intelligence), Memory for automotive: A fast-growing and robust market, November 30 2022 特に、自動運転技術の発展により自動運転車の商用化が加速する中、車載データ管理機能や映画、音楽、ハイエンドゲームなど車載インフォテインメントの開発の重要性が高まっている。 アメリカのSAEインターナショナル(SAE International)の自動運転レベルによるとレベル3以上からドライバーの介入なしで走行が可能であるが、このような場合には事故発生時の自動運転情報に関するデータストレージシステムであるDSSAD2の役割が重要になる。 2 DSSAD (Data Storage System for Automated Driving): 自動運転情報を記録するデータストレージシステム DSSADは自動運転システムの操作と解除や運転切替の要求、衝突の危険検知、運行情報の記録時点、車両とシステム故障の程度などの事故の原因や責任所在の判断基準となる重要な内容を保存するデータロギング(Data logging)を行うためDataが大幅に増加する。このような大量のデータを保存するためには大容量のメモリーが不可欠である。
[自動運転レベルと定義]
自動運転レベル 定義 責任所在
レベル0 運転自動化なし 一般自動車(Hands On) ドライバー
レベル1 運転支援 走行を補助するシステム機能を保有(Hands On)
レベル2 部分自動化 ドライバーの監視下で運転支援機能が作動(Hands Off)
レベル3 条件付き運転自動化 危険または緊急時にドライバーが介入(Eyes Off) システム
レベル4 高度運転自動化 ドライバーの介入不要、完全自動運転段階(Mind Off)
レベル5 完全運転自動化 ドライバー不要、完全自動運転(Driver Off)
車載インフォテインメントと未来の自動運転技術を進化させるサムスンAutoSSD 近年、電気自動車業界を中心に車載インフォテインメントの一つとして3Dゲームや既存のPC、コンソール、モバイルゲームなどのハイエンドゲームをサポートする動きが活発に展開されている。ドライバーはインフォテインメントを通じて電気自動車の充電時間を楽しく過ごすことができ、完全運転自動化レベル(レベル5)の自動運転技術が導入されることになると、より多様なユーザー体験を提供できるようになるため、これを実現するための高容量·高性能メモリーの需要拡大が今後増々予想される。 サムスン電子のAM991は、このような高度化された先進運転支援システム(ADAS)や自動運転(AD)、車載インフォテインメント(IVI)のニーズに対応する最適なソリューションとなる。 AM991は最大1TBの大容量メモリーを提供し、PCIe 3.0インターフェース基盤で連続読み取り速度が最大2,300MB/s、連続書き込み速度は最大1,150MB/sをサポートする。連続読み取り速度は業界トップレベルで、連続書き込み速度も高速かつ安定した性能を発揮する。 また、AM991は車載用半導体の信頼性試験標準および品質基準であるAEC-Q1003グレード2認証を取得し、-40℃から105℃の幅広い温度範囲で安定した性能を保証する。 3 AEC-Q100 (Automotive Electronic Council): 自動車電子部品協会が自動車に供給する電子部品の信頼性評価手順と基準を定めた文書で、世界共通の規格 サムスンのモビリティ・イノベーションへの道のり サムスン電子は、これまでの約30年間にわたるモバイルおよびサーバ市場におけるメモリー事業の成功経験に基づき未来のモビリティ・イノベーションをリードし、グローバル市場でのリーダーシップを強化する。サムスン電子は、すでにAutoSSDをはじめ、車載用LPDDR 5XやUFS、GDDR6など様々な未来の車載アプリケーションに対応できるメモリーポートフォリオを保有しており、今後モビリティ関連の機能安全(Functional Safety)やサイバーセキュリティ(Cyber Security) などの安定性とセキュリティ機能の強化にも注力する。 サムスン電子メモリー商品企画チーム長のペ・ヨンチョル(副社長)は、「最近の電気自動車の急速な成長に伴い、車載インフォテインメントシステムおよび自動運転システムに必要なストレージの性能と容量が同時に増加している」とし、「モバイルとサーバストレージ技術をもとに、テラバイト級のSSDソリューションを通じた車載用半導体市場の開拓を率先して行っていく」と述べた。 業界トップレベルの速度と帯域幅および信頼性を備えたサムスン電子のAutoSSDは、目に見えない場所で独創的なドライバー体験をサポートし、未来の完璧な自動運転技術を実装する最善の選択となり得る。サムスン電子が切り開くモビリティの革新が期待される。
삼성 AutoSSD 오토모티브 낸드, 삼성 LPDDR4X, 삼성 eMMC 오토모티브 낸드, 삼성 UFS 3.1 오토모티브 낸드, 삼성 LPDDR5X
삼성 AutoSSD 오토모티브 낸드, 삼성 LPDDR4X, 삼성 eMMC 오토모티브 낸드, 삼성 UFS 3.1 오토모티브 낸드, 삼성 LPDDR5X
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動