本文へ移動
ニュース

サムスン電子、「CES 2023」で46個のイノベーションアワードを受賞

  • 共有
サムスン電子が来年1月、米国ラスベガスで開催される世界最大級のエレクトロニクス展示会「CES 2023」を控え、3個のベスト・オブ・イノベーションアワードを含む計46個の「イノベーションアワード」を受賞した。 米国消費者技術協会(The Consumer Technology Association, CTA)は16日(現地時間)、28部門にわたるCESイノベーションアワード受賞製品と技術を発表した。 サムスン電子は映像ディスプレイ部門で18個、モバイル部門で11個、生活家電部門で10個、半導体部門で7個など計46個のイノベーションアワードを受賞し、「CES 2020」とともに歴代最多受賞の大記録を達成した。 業界で最も革新的な製品・技術に授与するベスト・オブ・イノベーションアワードは映像ディスプレイ部門で2個、半導体部門で1個をそれぞれ受賞した。 特に、2023年型TVの新製品が12年連続でベスト・オブ・イノベーションアワードを受賞し、世界テレビ市場で1位のリーダーシップを誇示している。また、ゲーミングモニターも去年に続き2年連続で同賞を受賞した。 生活家電では「ビスポーク」家電と「スマートシンクス(SmartThings)」を基盤としたサービスなど、様々な製品と技術が受賞し、生活家電部門で歴代最多の10個のイノベーションアワードを受賞した。 「ビスポークAI洗濯機・乾燥機」は人工知能技術を活用し、洗濯物に合う最適なコースを提案する「AIカスタマイズ洗濯・乾燥」機能を認められ、イノベーションアワードを受賞した。家電のエネルギー消費量の管理と「AI節約モード」機能を搭載した「スマートシンクス・エネルギー」も選定された。 モバイル部門では、市場で人気を博している最新発売の「Galaxy Z Fold 4」「Galaxy Z Flip 4」をはじめ「Galaxy Watch 5 Pro」「Samsung Wallet」など、様々な製品と技術がイノベーションアワードを受賞。 半導体部門では業界で初めてハードウェア・セキュリティチップ、指紋センサー、セキュリティプロセッサをひとつのICチップに統合し、ワンチップ(One-Chip)にした生体認証カード向けソリューションの「指紋認証IC(S3B512C)」がベスト・オブ・イノベーションアワードを受賞した。 この他にも、新しく発売されたハイパフォーマンス SSD「990 PRO with Heatsink」、車載用高容量1TB BGA NVMe SSD、業界で最小サイズの0.56㎛画素を誇る2億画素イメージセンサー「アイソセル(ISOCELL) HP3」などがイノベーションアワードを受賞した。 CESイノベーションアワード受賞製品は、来年の1月5日から8日まで、米国ラスベガス・コンベンションセンターで見ることができる。
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動