本文へ移動
ニュース

サムスン電子、業界初の大容量512GB CXL DRAMを開発

□ CXL DRAM容量を4倍向上、サーバ1台あたり数十TB以上への拡張が可能に
 - CXL専用コントローラーを搭載してデータの通信遅延時間を5分の1に
□ CXL DRAMソフト開発ソリューションを公開し開発者の利便性を向上
□ 第3四半期から顧客/パートナー会社にCXL DRAMサンプルを供給・評価

  • 共有
サムスン電子、業界初大容量512GB CXL DRAM開発。次世代メモリー実用化を促進。 * CXL(Compute Express Link) : 高性能コンピューティングシステムでCPUと一緒に使われるアクセラレータ、メモリー、記憶装置などをより効率的に活用するために新しく提案されたインターフェース。 サムスン電子は昨年5月、世界初のCXLベースのDRAM技術を開発し、データセンター、サーバ、チップセットメーカー等とともに技術評価を実施してきた。新しく開発された512GB CXL DRAMは、従来品に比べてメモリー容量が4倍向上し、ASIC(特定用途向け半導体)ベースのコントローラーの搭載によりデータ通信遅延時間が5分の1に減った。 PCIe 5.0にも対応しており、大容量SSDに実装されるEDSFF(Enterprise & Data Center Standard Form Factor)フォームファクタを採用し従来のコンピューティングシステムのDRAM容量を飛躍的に増加させる。 近年、メタバース、人工知能、ビッグデータなどデータ量が爆発的に増加しているが、従来のDDRインターフェースではシステムに搭載できるDRAMの容量に限界があり、CXL DRAMのような次世代メモリーソリューションに対する要求が高まっている。 サムスン電子が新たに開発した大容量CXL DRAMにより、メインDRAMとともに、サーバ1台あたりのメモリー容量を十数TB以上に拡張できる。 サムスン電子は今月中に「スケーラブルメモリー開発キット(Scalable Memory Development Kit, SMDK)のアップデートバージョンをオープンソースで追加公開し、開発者が様々な応用環境でCXL DRAM技術を活用するプログラムを迅速に開発できる環境を構築する予定だ。 * SMDK: 次世代の異種メモリーシステム環境において既存のメインメモリーとCXLメモリーが最適な状態での動作を可能にするソフトウェア開発ツール。APIやライブラリなどで構成されている。 サムスン電子メモリ事業部新事業企画チームのパク・チョルミン常務は「CXL DRAMは人工知能やビッグデータなどのサービスを飛躍的に進化させ、今後、ソフトウェアデファインドメモリー(Software-Defined Memory)を含む次世代メモリーとして普及するだろう」とし、「サムスン電子はCXLメモリーエコシステムの拡大を迅速に進めるために顧客・パートナーとともに技術標準化を積極的に推進し、CXLメモリーソリューションを拡大して次世代メモリー市場をリードしていく」と述べた。 レノボインフラストラクチャーソリューショングループ(Lenovo Infrastructure Solutions Group)最高技術責任者(CTO)のグレッグ・ハフ(Greg Huff)氏は「CXLコンソーシアムのメンバーであるレノボは技術標準の開発とともにCXLを中心とするエコシステムの構築に寄与している」とし、「革新的なCXL製品のレノボシステムへの採用を拡大するためにサムスン電子と協力していく」と述べた。 モンタージュテクノロジー(Montage Technology)戦略・技術担当副社長のクリストファー・コックス(Christopher Cox)氏は「CXLはメモリーの拡張と共有を最適化する核心技術であり、次世代サーバプラットフォームにおける重要な役割を果たすだろう」とし、「モンタージュはCXLメモリーのエコシステムを迅速に拡大するためにサムスンと協力していく」と述べた。 サムスン電子はCXLコンソーシアム取締役会に参加しグローバルデータセンター、サーバ、チップセットメーカーと共に次世代インターフェース技術の開発に向けた協力を続けており、第3四半期からは主要顧客とパートナーに512GB CXL DRAMサンプルを提供する予定だ。 サムスン電子では今後もテラバイトクラスを超える次世代メモリーインターフェース製品の開発を続け、大容量メモリーを必要とするコンピューティング市場に向けて適時実用化する予定だ。