本文へ移動
ニュース

クラス最高の5Gネットワークにマルチベンダーのアプローチをとる Facebook Twitter LinkedIn 電子メール クリップボードへのコピー

オープンインターフェースによりサムスンは、商用5G New Radio (NR)市場の運用開始を加速させます。

  • 共有
過去数年にわたってサムスンネットワークは、キャリアのパートナーと密接に連携して、移動する車両、テストラボ、さらにスタジアムから、企業、学校にまで及ぶオンサイト拠点での5G能力をテストする商用化前トライアルから始めて、5Gを発展させています。これらのトライアルを経て、昨年10月には米国4都市でVerizon 5G Homeの商用サービスを開始しました。そして、革新は、プロビデンスとデンバーで最近商用サービスを開始したVerizon 5G Ultra Wideband へのサムスンのサポートで継続しています。 各段階において、サムスンは無線アクセスネットワーク内でオープンインターフェースを生成することに重点を置き、新規サービスを消費者と企業により効率的に提供できるようにしています。 オープンなアプローチをとることにより初めて、マルチベンダーネットワークが効率的に活用でき、ネットワーク管理の柔軟性を向上させ、顧客に対し、複合現実、産業オートメーション、IoTなどの新規サービスとアプリケーションを迅速に提供できるようになります。 マルチベンダーRAN機能を推進するこうした取り組みにより、ネットワーク内でクラス最高のソリューションを推進する柔軟性、効率性、能力が得られます。RANは以下のことを可能とするため、RANでオープンインターフェースを発展させ続けることは重要です。

・5Gにより、多くの企業と消費者がより少ないレイテンシーとより広い帯域幅を利用できるようになるにつれ、通信事業者が、さまざまなアーキテクチャと展開シナリオを使用して、増え続けるデータ需要を満たす。
・エッジであれデータセンターであれ、クラウドコンピューティング環境でコモディティ化されたハードウェア(サーバー)で実行できる、より優れたソフトウェアベースのネットワーキング機能を使ってネットワークのより効率的な展開と運用を図る。
・新規サービスとより優れたネットワークの俊敏性を通じて、ネットワーク能力を収益化し、収益の可能性を増やす新しい機会を得る。

ネットワークへのこのオープンインターフェースのアプローチを通じて、通信事業者は5Gアプリケーションを導入する上で予測されるウェブの規模を実現することができます。 マルチベンダーRANにより無線ネットワークの状況を変えるさらに多くの機会が生まれるにつれ、サムスンは革新的なサービスプロバイダーとの協力して、より柔軟でダイナミックなネットワークサービスを推進していきます。
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動