本文へ移動

サムスン電子、次世代車載用半導体3製品を公開

  • 共有

サムスン電子は次世代車載用システム半導体3製品を公開し、本格的に車載用半導体市場を攻略する。 サムスン電子が発表した製品は、▲業界初の5G通信サービスを提供する車載通信用チップ「エクシノスオートT5123」、▲人工知能演算機能を提供するインフォテインメント(IVI:In-Vehicle Infotainment)用プロセッサ「エクシノスオートV7」、▲車載用インフォテインメントプロセッサに供給する電力を精密かつ安定的に調整する電力管理チップ(PMIC)「S2VPS01」である。 近年、車の中で多様なコンテンツを楽しむ消費者が増え、超高速通信チップと高性能プロセッサの需要が高まっている。 また、車両に搭載される電子部品が増加し、車載用電力を効率的に管理できるパワー半導体の役割が注目を集めている。 サムスン電子は、こうしたトレンドの変化に合わせて通信チップ、プロセッサ、電力管理チップの3種類のシステム半導体を公開し、最新の車載用半導体への需要の高まりに積極的に対応していく計画である。 サムスン電子システムLSI事業部カスタムSOC事業チーム長兼副社長のパク・ジェホンは、「昨今、車載インフォテインメントシステムとドライバーの安全を図るクルマの知能化および連結性の重要性が高まっている」とし、「サムスン電子は最新の第5世代移動通信システム(5G)と進化した人工知能機能を搭載したプロセッサ、そして安定性のある検証された電力管理チップを提供して電装事業を強化していきたい」と述べた。 □業界初、5G通信サービスを提供する車載通信用チップ「エクシノスオートT5123」 エクシノスオートT5123は、車載通信用チップとしては業界初の5G通信サービスを提供し、1秒あたり最大5.1Gb(ギガビット)の超高速ダウンロードを可能にする。 これにより、走行中も常に高容量・高画質のコンテンツをダウンロードすることができる。 特に、エクシノスオートT5123には、最新の5G対応マルチモード通信チップが内蔵され、5Gネットワークを単独で使用するSA方式(Stand Alone)とLTEネットワークを併用するNSA方式(Non-Stand Alone)の両方に対応している。 その結果、時間や場所を問わず迅速に安定したデータを送受信することができる。 エクシノスオートT5123には、Arm社のCortex-A55のCPUコアを2基とGNSS1(Global Navigation Satellite System)を内蔵し、テレマティクス2システムの開発が一段と容易になった。 また、車が5Gモデムを通じて送受信される高速データを効率的に処理できるよう、高速インターフェースのPCI Express(PCIe)と低電力化した高性能モバイルDRAMのLPDDR4Xを搭載している。 その他、エクシノスオートT5123は、車載用電子部品認定規格であるAEC-Q100(Automotive Electronics Council-Q100)3基準を満たしている。 □インフォテインメント用プロセッサ「エクシノスオート V7」 エクシノスオート V7は、LG電子のVS(Vehicle component Solutions)事業本部で製作された車載インフォテインメントシステムに採用されている。 この製品には人工知能で演算するニューラルネットワークプロセッサ(NPU:Neural Processing Unit)が搭載され、仮想秘書サービスや音声認証、顔認証、動作認識機能が提供される。 また、鮮明な画面を実現するためのドット落ちや歪み補正技術、ダイナミックレンジ圧縮技術(DRC: Dynamic Range Compression)を内蔵し、3つのHiFi 4オーディオプロセッサによって最高の音質で音楽や映画、ゲームなどが楽しめる。 またこれらの機能を安定して駆動するために、最大32GB(ギガバイト)の容量と1秒あたり68.3 GB(ギガバイト)の帯域幅を提供するLPDDR4Xメモリーを搭載している。 さらに、最大1.5GHz(ギガヘルツ)の速さで駆動するArm社のCortex-A76 CPUコア8基とMali-G76のグラフィックス処理装置(GPU)IPコア11基で構成され、最大4台のディスプレイを同時に制御でき、カメラは最大12台まで対応が可能だ。 特に、グラフィックス処理装置(GPU)は2つのグループに分けられ、デジタルインストルメントパネル、センターインフォメーションディスプレイ(CID, Center Information Display)、ヘッドアップディスプレイ(HUD, Head Up Display)などそれぞれのアプリケーションが互いに干渉することなく安定した操作ができるよう設計されている。 その他、エクシノスオートV7はデータのセキュリティのために独立したセキュリティプロセッサを搭載し、OTP(One-Time Programmable)などで主要情報を安全に保管し、物理的な複製防止機能(PUF, Physical Unclonable Function)も提供される。 □ 車載用システム安全基準ASIL-B認証を取得した電源管理チップ「S2VPS01」 S2VPS01は、車載用インフォテインメント(IVI:In-Vehicle Infotainment)用プロセッサに供給される電力を精密かつ安定してコントロールする重要な機能を担う。 特に、S2VPS01は自動車メーカー(OEM)や主要パートナー企業が必須条件として挙げる「ASIL-B」認証を取得している。「ASIL-B」は車載用システム安全基準で、事故が発生する可能性、深刻度、運転者の制御可能性をもとに4つのレベル(A、B、C、D)に分けられる。 一般的にインフォテインメントシステムは、Bレベルの水準を必要とする。 また、障害が起こり得る使用環境でも安定性を高めるために、電圧・電流の急激な変化に対応する保護機能や発熱遮断機能、自己診断機能まで搭載されている。
왼쪽에는 삼성 엑시노스 오토 T5123, 가운데는 엑시노스 오토 V7, 오른쪽에는 파워 IC 칩이 있는 모습입니다.
왼쪽에는 삼성 엑시노스 오토 T5123, 가운데는 엑시노스 오토 V7, 오른쪽에는 파워 IC 칩이 있는 모습입니다.

1 GNSS : 人工衛星を利用して正確な位置情報を把握する衛星航法システム。 2テレマティクス(Telematics): 自動車と無線通信技術を組み合わせた技術で、リアルタイムの交通情報やリモート車両診断、盗難車両位置追跡、緊急救助など多様な機能を提供するシステム。 3米国車載電子部品評議会 (Automotive Electronics Council)品質基準

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動
関連製品
exynos-auto-v7 exynos-auto-t5123