本文へ移動

Foundry

最先端のプロセス技術、 検証されたIPおよび
Design Serviceソリューションなど、
最適化された
ファウンドリーソリューションを
提供しています

世界中が想像するすべての半導体を
現実化する場所

  • ファウンドリー事業部の業務

    システム半導体を委託生産する事業部として、最先端のプロセス技術を通じてグローバルなファブレス顧客向けのチップ生産のみならず、Library/PDK(Process Design Kit)/DM(Design Methodology)/Design Serviceなどの設計インフラを通じてソリューションを提供するトータルファウンドリーを目指しています。
    研究所組織(半導体研究所、生産技術研究所)は、それぞれ工程・設備に対する最初のセットアップを担当し、ファウンドリー事業部では、セットアップされた工程・設備を活用して研究所と技術ディスカッションを行い、早期に量産性を確保するためのソリューションを開発して、顧客対応と生産に焦点を合わせています。

  • ファウンドリー市場がますます重視される理由

    5G、自動運転車、AI、HPC(高性能コンピューティング)など、第4次産業革命で台頭するあらゆる製品の中核部品の一つがシステム半導体です。
    データ速度が速くなり、処理する量が増えるにつれて、高効率・高性能のシステム半導体の需要が増え、アプリケーションの多角化に伴って様々なスペックの半導体を求めるファブレス顧客が増えています。
    すなわち、システム半導体を生産する必要があるファブレス顧客の需要が爆発的に伸びている中で、天文学的な投資と共に超高難度の技術力を要するファウンドリー産業は、世界のあまたある会社の中でもごく少数の企業のみが対応できる、未来型半導体の核心産業です。

  • サムスンファウンドリーの成果

    超微細化プロセス技術力で変化の先頭に立っています。
    2012年の28ナノから2021年には5ナノ工程技術を開発、さらに3ナノGAA(Gate-All-Around)のプロセス開発に挑んでおり、EUV(Extreme Ultra Violet ・ 極紫外線露光器)を活用した工程を早期にセットアップし、量産性を備えて技術の超格差の確保に努めています。

  • 事業部の展望

    サムスン電子のファウンドリーは毎年20%を超える成長を見せ、最近では5ナノの量産に向けてEUVラインを新たに着工するなど、果敢な投資を続けています。
    2030年をめどにファウンドリーの世界トップを目指して、プロセス研究開発や生産ラインの建設など、積極的な投資を行っていますので、どうぞご期待ください。
    海外の多くの顧客と技術的なビジネスを通じて、個人の能力を伸ばす機会が開かれています。