本文へ移動
技術ブログ

[Tech Day 2022] インテリジェントな移動の未来を開く

  • 共有
PCの発明からスマートフォンまで、データセンターとクラウドサービスの成長まで、近年、世界は急速に変化しています。それぞれの変化の波は飛躍的に増加する量のデータを作成できる技術革新により推し進められてきたように見えます。特に自動車産業については、インテリジェントモビリティの出現により次の変化の波はすでに起こってきています。 サムスン電子が、自動車産業が移動を新たに想像するために必要なソリューションをどのように提供するかについてご覧ください。 「車輪の付いたサーバー」の出現 「インテリジェントモビリティ」により、話題になるのは自動運転、ハイパーコネクティビティ、AI、機械学習、電動化までにおよぶ技術を自動車が、今、どのように活用できるかということです。これには、ドローン、都市型航空交通航空機などの荷物を輸送する輸送手段に対するメモリーソリューションも含まれます。インテリジェントモビリティの出現は非常に影響が大きく、自動車産業でのメモリー需要は2034年にはPCを超え、2039年にはサーバーとクラウドセクターのレベルにまで達することが見込まれています。 この出現の背後にある主要メガトレンドの1つは、自動車とITとの親和性がさらに高くなりつつあるという事実です。自動車は、ある意味、「車輪の付いたサーバー」になってきました。この変更の背後には4つの主要な理由がありますが、1番目にくるのは自動運転技術の進化です。現在では、高度化の度合いとしてレベル3とレベル4の間にあると分類されている自動運転技術では、さらに高レベルのAIコンピューティングが必要とされます。これは、現在のクラウドコンピューティングでのAIサーバーと同様です。特にレベル5を達成するには、メモリー容量を16倍に増やす必要があります。 この変化のもう一つの理由は、システムアーキテクチャが進化していることです。自動運転車がより進化した形に成長するにつれて、そのアーキテクチャも進化します。これは分散型からドメイン集中型、次に、ゾーン型、そして、共有型アーキテクチャへ移行する結果となり、さらなるコンピューティング能力、メモリー、ストレージへのニーズが発生します。
자율주행 차량 발전에 따른 시스템 아키텍처의 진화
자율주행 차량 발전에 따른 시스템 아키텍처의 진화
また、ハードウェア中心型車両設計からソフトウェア中心型への移行も見られ、より多くのメーカーが無線通信(OTA)による更新を設計段階に取り入れています。最後に、製造にかかる時間が短いことも理由の1つとなり、電気自動車は路上のガソリンエンジン車を急速に置き換えています。これは、電気自動車への移行に追随するために、より高い仕様の新たなメモリーモデルを急速に開発する必要があるということです。 接続性を次のギアにチェンジ インテリジェントモビリティが出現した背後にある2番目のメガトレンドは、かつてないほどまでに車両がインテリジェントかつ高性能になっていることがあります。相当高いレベルの自律性を持って車両を運転するためには、さらに強力なシステムを開発して、進化したAIコンピューターで計算を行う必要があります。例を挙げると、レベル5の自動運転では1,000 TOPS超が必要となりますが、これでもユーザーごとにカスタマイズされたAIサービスには不十分です。これは車両内のコンピューターだけでは実現できず、最終的には専用の車載用データセンターが必要になることが考えれらます。 最後のメガトレンドはコネクティビティの増加です。つまり、車両はかつてないほど繋がりを持つようになってきたのです。インターネットやローカルエリアネットワーク(LAN)に繋がっているだけではなく、車両同士も繋がっています。これはサムスン電子のモバイル、サーバー、クラウドソリューションをリードする開発経験が、価値を発揮する領域です。サムスン電子が30年にわたって関連する経験から得た、より高い性能、低消費電力、スモールフォームファクタ―をサムスン電子が達成できるようにした洞察力は、インテリジェントモビリティ時代に突入する際の強固な基盤を形成します。 信頼できるパートナー モバイル、PC、サーバー分野をリードしサポートする長年の経験に導かれ、サムスン電子は専用ファブでのみ可能な安定したサプライチェーンのレベルを顧客に提供できます。 サムスン電子の顧客は、顧客自身の技術が高いレベルの品質保証を反映しているという理解から来る確信を享受できます。これは自動車業界で決定的な要素です。これにはISOやAEC-Q100などの厳格な業界標準も含まれます。サムスン電子にはまた、自社内トータルソリューションの使用を最大化することで、製品がすべての層にわたって最適化され効率的に集積されることを保証し、高速開発サイクル、カスタム化製品、迅速なトラブルシューティングをサポートする専門チームを有しています。 サムスン電子の取り組みと能力により、IVI、AD、ADAS、クラスター、テレマティックス、ゲートウェイを含む、広範囲の車載用途への最適なソリューション実現が可能となります。サムスン電子は8年間連続してライン停止や供給に関する問題を何も起こさず、現在400件ほどのメモリープロジェクトを運営し、60社を超える顧客向けにメモリー製品を量産しています。この分野での操業は比較的短い期間ですが、サムスン電子は車載分野で急速に成長し、2021年時点で33%の世界市場シェアを占めています。この成功に励まされ、サムスン電子は2025年には車載メモリーのリーダーとなるよう狙いを定めました。
삼성전자가 신뢰할 수 있는 파트너인 여섯가지 이유
삼성전자가 신뢰할 수 있는 파트너인 여섯가지 이유
モビリティの新時代に対するソリューション 車両がよりインテリジェントになり、よりデジタル化されるにつれて、サムスン電子の次世代メモリーソリューションはメモリー中心型コンピューティングへの移行を推進します。GDDR7、LPDDR5X、サムスン電子の車載共有ストレージソリューションはこの移行をサポートするための鍵となる3つの技術です。 超高帯域幅コンピューティングのために製造された、サムスン電子の車載クラスGDDR7はデータ処理のアクセレレーターとしてGPUを使用することにより最大128GB/sの速度をパッケージがサポートできるようにします。各GPUに4個から8個のGDDR7を接続することにより、512GBpsから1TBpsまでのデータ転送レートがサポート可能で、最速で増加する車両データ処理需要を満足させます。 この性能を強化する方法の一つは、複数のLPDDR5XでI/Oインターフェースを拡張することです。このことを可能にするためサムスン電子はパッケージ当たり64倍のI/Oをサポート可能なLPDDR5Xメモリーを開発し、パッケージサイズを50%以上削減しました。この技術はすでにJEDECから功績を認められ、スモールフォームファクタ―のメモリー製品に対する主導的標準になっています。 最後に、サムスン電子の車載共有ストレージソリューションであるAPF SSDは車載用途をサポートするための共有ストレージへのニーズに対処しています。APF SSDには3つの主要なメリットがあります。それらのメリットは、複数のSoCと単一SSD間でN:1接続性をサポートすること、複数のホストから重いI/Oパターンに直面しているときに安定した性能を発揮すること、脱着式フォームファクタ―であるE1.Sをサポートすることの3つです。
삼성전자의 차세대 메모리 솔루션 GDDR7, LPDDR5X, Automotive SSD
삼성전자의 차세대 메모리 솔루션 GDDR7, LPDDR5X, Automotive SSD
サムスン電子のビジョンの共有 サムスン電子の未来へのビジョンは、人々が真に無限のモビリティを体験し、それを自由に享受する時間を供給することに関するすべてです。先進のソリューションを次から次へ送り出すサムスン電子は、自動車産業でこのビジョンを現実のものにするために必要なイノベーションを求めて奮闘し続けます。
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動