本文へ移動
技術ブログ

【CES 2023 トップイノベーションアワード】決済方法の革新をもたらすサムスン電子の指紋認証IC

  • 共有
▲ 左からソン・ムンギュ、ク・クァンボン(常務)、チャン・チス、ソ・キョントク氏
CESは、全世界の人々が直面している緊急な課題を解決するための技術の在り方を考えるテクノロジーイベントである。 決済や本人の認証においては、セキュリティ技術業界に盗難や偽造などの問題解決が求められている。 サムスン電子の指紋認証IC S3B512CがCES 2023サイバーセキュリティ及び個人情報セキュリティ部門で、トップイノベーションアワードを受賞した理由が、まさにここにある。
삼성 생체 인식 카드 IC
삼성 생체 인식 카드 IC
この製品は指紋センサー、セキュリティチップ(Secure Elemen)、セキュリティプロセッサを1つのチップに統合し、セキュリティとパフォーマンスを強化したソリューションだ。 最先端指紋認証アルゴリズムとスプーフィング防止技術を適用したこの製品は、業界初のオールインワンソリューションを活用し、指紋認証をより効率的で合理的な価格で製造することができるため、 決済や本人確認の段階で発生する問題を解決する指紋認証カードの普及を可能とする。 指紋認証カードの普及をリードする初のオールインワンソリューション 決済に関するユーザー体験において本人確認は必要不可欠であるため、より堅牢な認証ソリューションに対する要求が高まっている。 セキュリティ&パワー製品開発チームのク・クァンボン常務は「サムスン電子の先端半導体技術と強力なセキュリティ関連IPを統合し、シナジーを生み出すセキュリティ製品の開発の可能性を模索している」と述べた。 サムスン電子は、センサー、セキュリティ、指紋認証アルゴリズム、パッケージングのような様々な技術をもとに、より一層高まったセキュリティ技術への要求に応える製品を製造することができるトップレベルの水準に達している。
현재의 카드 솔루션과 삼성의 일체형 지문 보안 IC의 차이점
현재의 카드 솔루션과 삼성의 일체형 지문 보안 IC의 차이점
サムスン電子は、指紋認証カードマーケットの拡大における最大のハードルである部品と組立費用を削減するソリューションの開発に重点を置いた。 同チームのチャン・チス氏は「指紋認証カードの普及のためには部品価格をはじめとした製造原価を削減する必要がある。 サムスン電子の設計技術を活用して1つの統合チップを開発すれば、この課題を解決することができると判断した。 また、複数のチップ間のコミュニケーションプロトコルを外部でモニタリングすることができないため、セキュリティも向上するだろうと予想した。」と説明した。 サムスン電子のワンチップソリューションの開発により、カードメーカーはセキュリティパフォーマンスに妥協することなくカードの製造費用を削減することができるため、指紋認証カードICの普及を加速化する。 先進的なセキュリティソリューション: 技術統合の結果 ク・クァンボン常務は「マーケットの構造を変える先進的な製品の創造を目標とした。 ワンチップソリューションを開発すれば、次世代の決済市場における主導権の確保に役に立つだろうと判断した。」と語った。 サムスン電子は1つのチップに様々なハードウェアとアルゴリズムなどをすべて統合した業界初の指紋認証カード用オールインワン・セキュリティソリューションを開発した。 ク・クァンボン常務は「オールインワン統合ワンチップソリューションは前例のない製品であり、現在、パッケージ内のすべての技術を取り揃えている会社は存在しない。」と述べた。 同チームのソ・キョントク氏は競争力のある指紋ライブラリーとセキュリティパフォーマンスの中でも特に偽造指紋を探知する機能が最も差別化された要素だと強調した。 彼は、「この製品は他の材質で構成された偽造指紋を探知することができるため、本人確認の面で優れたメリットがある」と述べた。
삼성의 생체 인식 카드 IC 원칩 솔루션이 적용된 신용카드
삼성의 생체 인식 카드 IC 원칩 솔루션이 적용된 신용카드
超えなければならない技術的なハードルはもうひとつある。消費電力だ。従来のカードに指紋認証機能を追加すると消費電力が高まる。 チャン・チス氏は「従来の非接触決済の環境では、チップは無線で駆動する。 この製品も非接触決済という環境下で、早く正確に作動するよう電力消費を最小限に抑えることを重点として設計した。」と述べた。 セキュリティ性能の向上: 無から有を創造する過程 だが、前例のないオールインワンソリューションを解決することは簡単ではなかった。 従来の指紋認証ICとは設計が異なり、仕様の定義が必要であるにもかかわらず、ベンチマークをする対象がなかったのだ。 デザインプラットフォーム開発チームのソン・ムンギュ氏はこの過程について、「仕様を定義するためには、今後、市場がどのように発展するのかを予測しなければならなかった。 製品開発の初期には、すべての予測と決定を単独で行ったため顧客のフィードバックを得ることもできなかった。」と説明した。 チャン・チス氏も、新しい概念の製品の開発過程について「未知の領域を冒険するような気がした。 最も難しかったことは、パフォーマンス目標を達成するためのシステムアーキテクチャを設計することだった。また、ワンチップパッケージの設計過程でも試行錯誤があった。」と述べた。 また、「不確実性にもかかわらず製品の商用化に取り組んだ結果、決済カードの製造メーカーと協力しプロトタイプのカードを作ることができた。 この段階でクライアントとも綿密に協力し、パフォーマンスの安定のためにおよそ1年間、様々なパフォーマンステストと信頼性評価を行うことができた。」と述べた。 決済の世代交代に向けた取り組み サムスン電子の指紋認証ICは、優れたパフォーマンスとカード製造コストのメリットを活かし、新しい決済手段の普及に向けた道を切り拓いた。 ク・クァンボン常務は「この製品はサムスン電子が次世代の決済IC市場をリードすることに貢献するだろう」と述べ、さらに改善した製品の開発に拍車をかけていると述べた。 また、ク・クァンボン常務は「これからもチップのサイズを小型化し、現在約0.8秒の決済処理速度を短縮する。 何よりも、完全に新しく、安全な決済エクスペリエンスの普及に向けて指紋認証カードのマーケットの拡大に貢献する予定だ。」と述べた。
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動