本文へ移動
技術ブログ

[CESイノベーションアワード受賞特集] 「絶えず流暢スムーズに」大容量映像コンテンツ時代のカスタムソリューション、LPDDR5X uMCP

  • 共有
삼성 LPDDR5X uMCP
삼성 LPDDR5X uMCP
サムスン電子の大容量LPDDR5X uMCPが差別化された技術で、CES 2023イノベーションアワードにてイノベーション賞を受賞した。 * uMCP: UFS(Universal Flash Storage) Multi-Chip Package 一台のスマートフォンが、膨大なデータを毎日処理する時代になり、高解像度の動画コンテンツをモバイル環境で心ゆくまで楽しみたいというニーズや、15秒から10分以内のショートフォーム(short-form)コンテンツの普及により、個人一人一人がコンテンツの消費者を超え、主導的な生産者へと変化した。リアルタイムで自然かつ途切れないシームレスなビデオ撮影のための高画質イメージセンサーやモバイルプロセッサなどのスマートフォンの技術革新が、これらの変化を加速させている。 このように高解像度、大容量コンテンツの制作および消費、コミュニケーションが相まってパーソナライズ化が進み、1 つのデバイスで処理するデータの量が指数関数的に増加する傾向にある。さらに2030年には、数百億のデバイスが相互接続されるハイパーコネクテッド(Hyper-connected)社会が到来すると予想されている。データ爆発の時代が必然的に近づきつつある中、これを消化できるメモリーソリューションの開発が求められている。 最適な大容量のソリューションLPDDR5X uMCP サムスン電子はこうした市場の変化に備え、業界初のモバイルDRAM16GBとNAND型フラッシュメモリ1TBを搭載した大容量のマルチチップパッケージであるLPDDR5X uMCPを開発した。uMCPは、DRAMとNAND型フラッシュメモリを1つにまとめたマルチチップパッケージで、第4世代10nmクラスのモバイルDRAMと第7世代QLC(Quadrature Level Cell)ストレージを採用して、以前の製品に比べて容量を最大化させた製品である。 * QLC (Quadrature Level Cell): NAND型フラッシュメモリのデータ保存方式による分類で、1つのセル(Cell)につき4ビットのデータを保存 データを高速で処理するために搭載したLPDDR5XモバイルDRAM 16GBは高性能かつ低消費電力の特性を持ち、第4世代10nmクラス製造プロセスのモバイルDRAMを搭載して前世代LPDDR5に比べて転送速度を約1.2倍向上させた。 また、第7世代NAND型フラッシュメモリQLC採用のUFS3.1 1TBを搭載した大容量のストレージ製品で、より高速の転送速度で大容量データをできるだけ早くダウンロードできるようにサポートするライトブースター(Write booster)と、最適化したデータ処理能力で時間が経っても安定した動作を可能にするホスト主導デフラグメンテーション(Host Initiated Defragmentation)機能を提供する。 150mm²が可能にする未来のモバイル技術とデザインイノベーション それだけでなく、幅11.5mm、高さ13mmの小型パッケージで製造され、増えた150mm²のプリント基板(PCB)の空間効率をベースにスマートフォンのバッテリー容量の拡大やデバイスの軽量化などといった技術およびデザイン革新の可能性を残し、これを通じてさらにユーザーを満足させることができる。
삼성 LPDDR5X uMCP는 D램과 낸드플래시가 하나로 결합된 멀티칩 패키지입니다.
삼성 LPDDR5X uMCP는 D램과 낸드플래시가 하나로 결합된 멀티칩 패키지입니다.
技術の高度化と大容量データ時代でのユーザー体験の最適化 LPDDR5X uMCPは、従来のフラッグシップモバイルデバイスでのみ実装が可能だった高帯域や大容量ベースのAI、5Gなどの技術をハイエンドおよびミッドエンドクラスのデバイスにも安定的かつスムーズに体験できるようサポートし、より幅広いモバイル環境で最高のユーザー体験を提供する。 4Kと6Kの高解像度動画やメタバース、AR/VR、人工知能(AI)など急速に進化するモバイル技術を世界中のユーザーが快適に体験できるようにサポートする大容量ソリューションのサムスン電子LPDDR5X uMCPによるモバイル体験の未来に期待される。
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動