本文へ移動

より多くの画素で、細部まで鮮明に。ISOCELLはどのように進化して携帯電話での写真撮影に超高解像度をもたらしてきたのか

  • 共有
小型画素の技術力 今、私たちの思い出は写真としてスマートフォンの中で生き続けています。高解像度の要求に応えることはかつてないほど重要になってきています。しかし、スマートフォンのスペースは限られています。本来、小さなデバイスではすべての写真の背後にあるイメージセンサーを構成するピクセルをまさに小さくする必要があります。 高品質を確保するために小さなピクセルをすべてイメージセンサーに詰め込むと、光が隣接するピクセルに漏れて画像の精細度が低下するカラークロストークにつながります。しかしサムスン電子はISOCELLの画素技術により、この問題に正面から取り組んでいます。最先端技術により、暗い環境においてもスマートフォンで超高画質な写真を撮ることができます。

ISOCELL画素技術の進歩 より多くの光を吸収し画質を向上 高画質の写真に関しては、光の処理が最も重要です。サムスン電子のISOCELL画素技術は2013年に初めて導入され、従来のBSIピクセルよりも多く光を処理し吸収できるようになりました。実際にISOCELL技術はピクセル間のカラークロストークを約30%低減し、各画素が30%以上の光を蓄えるフルウェル容量を増加させました。
サムスンアイソセルピクセルテクノロジー
サムスンアイソセルピクセルテクノロジー
サムスン電子は技術革新を続けました。画質をさらに向上させるためにISOCELLはカラーフィルター間の金属グリッドを、より反射する素材に交換しました。この技術革新により光損失が低減し、光感度が向上しました。光感度の向上により、センサーのより小さなピクセルがより多くの光を吸収できるようになり、さらにノイズの少ない細部まで鮮やかな写真が可能となりました。また、ISOCELLは超小型ピクセルにより焦点を合わせられるようカラーフィルターをより薄くする新素材も導入しました。今回、フォトダイオードの構造を改良し、さらに多くの光を各画素に保存することができるようになりました。小型画素技術における当社の革新により、ISOCELLはマイクロピクセルの力を最大限に活用できます。
サムスンアイソセルピクセルテクノロジー
サムスンアイソセルピクセルテクノロジー
画素ビニングテクノロジー 暗い環境下でも鮮明な写真を体験 小さなピクセルはサイズ制限があるため、画素に吸収される光は少なくなります。これは、高品質の写真を作成する場合、特に暗い環境下では、大きな課題となります。 サムスン電子は、隣接するピクセルを1つに結合することで小さなピクセルが大きなサイズのピクセルを模倣できるようにする画素ビニングテクノロジーを導入しました。サムスン電子のテトラピクセル、ノナピクセル、Tetra²画素技術は、それぞれ4、9、16ピクセルを結合し、照明条件に関係なくスマートフォンで超高品質の写真を作成することを可能にします。
サムスンアイソセルピクセル工程プロセス
サムスンアイソセルピクセル工程プロセス
たとえば暗い環境下で写真を撮る場合、Tetra²画素技術が16ピクセルを1つの大きな画素に結合して、より多くの光を取り込み明るい画像を実現します。その一方、明るい場合はリモザイクアルゴリズムが最高の画像解像度のために画素配列を再配置し、鮮明で詳細な画像を実現できます。
サムスンアイソセルピクセルテクノロジー
サムスンアイソセルピクセルテクノロジー
スマートフォンの驚くべき機能の中で、高解像度の写真への高まる需要に答える能力は、もっとも注目すべきものの1つです。当社のISOCELLモバイル イメージ センサーの小さいながらも強力なピクセルにより、鮮明で詳細な写真をお楽しみください。

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動
関連製品
image-sensor mobile-image-sensor