本文へ移動

サムスンのZ-SSDがあれば、データ中心へと急速に変わる世界をリードしていけます。

サムスンのZ-SSD™は、メモリデータベースのストレージ、人工知能(AI)ワークロード、超高性能コンピューティング(HPC)ワークロード、IoTの分析において
新たな基準となっています。 Z-SSDは、エンタープライズストレージ アプリケーションにおいて応答時間の短縮、最先端の性能と安定性を実現します。

シームレスなデータ処理のための短い反応時間

Z-SSDは、迅速なアクセスや応答時間を実現し、従来のコンピューティング、ストレージ用のNVMe™ SSD*製品に比べて、応答時間が20マイクロ秒と5分の1になりました。
Z-SSDを搭載した最新ストレージサーバは、 命令実行時間を大幅に短縮し、実質的な性能の加速化を提供します。
*PM963 NVMe™ SSDとの比較

サーバルームの画像を背景にしたサムスンのZ-NANDメモリを搭載したZ-SSD™の上側のビューインフォグラフィックをみると、Z-SSD™はPM963 NVMe™ SSDに比べてレイテンシが5倍小さいことがわかります。

I/O中心のワークロードに適したソリューション

シングルポートの4-lane Z-SSDは、一般のNAND1)チップに比べてセルの読み出し速度が10倍速いZ-NANDチップを使用します。 また、PCIeインターフェース、1.5 GB LPDDR4 DRAM、高性能 コントローラーによって最大データ帯域幅を活用し、ランダム読み出し速度が750K IOPSで1.7倍のスピードで2)作動します。
1) TLC NAND      2) PM963 NVMe™ SSDとの比較

PM963 NVMe™ SSDに比べると、10倍のセル読み出し、1.7倍のランダム読み出しを提供するというインフォグラフィックがあり、それとともにサムスンZ-SSD™のI/Oインターフェースをクローズアップします。

必須のシステム状況に備える

Z-SSDは、1日最大30のDWPD (Drive Write)を5年間保証し、800GB容量で計42PB*を保証します。 これは5年間で計840万の5GB Full HD映像と同程度の数値です。 このような 安定性は、高レベルのワークロードが求められるサーバ環境に最適です。
*1PB (PetaByte) = 1,024TB (TeraByte)

Z-SSDは5年間で最大30のDWPDを保証し、5年間で計840万のFull HD映像が配信できるというインフォグラフィックと共に提示されるサムスンZ-SSD™

様々な新しいアプリケーションに高い性能と信頼性を提供

Z-SSDは、現在の市場で処理速度が最も高速でレイテンシが最小の新しい概念のストレージです。 クラウドDBMS、memcache、インメモリ、リアルタイム分析のような分野でアプリケーション関連の ワークロードを最適化する際、エンタープライズの設計者は必ずZ-SSDを視野に入れています。

多彩なアプリケーションの画像と共に提示されたサムスンZ-SSD™の画像は、複雑なグラフ、脳、サーバルーム、3Dグラフィックを含む。

Z-SSDソリューション

* すべての製品仕様は内部結果を反映したものですが、ユーザーのシステム構成により変動する場合があります。
* すべての製品画像は例です。実際の製品とは異なる場合があります。
* サムスン電子は、事前の予告なく製品の画像や説明書を変更することがあります。