本文へ移動
뉴스

サムスン電子、次世代車載用メモリーソリューションを供給

  • 共有
サムスン電子は、高性能SSDやグラフィックスDRAMなどの高性能と信頼性を強化した高度な車載用メモリーソリューションを世界の自動車メーカーに供給し、市場拡大に本格的に乗り出す。 今回供給される車載用メモリーソリューションは、高性能インフォテインメントシステムに最適化された△PCIe Gen3 NVMe 256GB(ギガバイト)SSD △2GB DDR4 DRAM △2GB GDDR6グラフィックスDRAMなどの3種と、自動運転システム用△2GB GDDR6グラフィックスDRAM △128GB UFSなどの2種だ。 * UFS : Universal Flash Storage 最近、自動運転システムの拡大や高解像度地図、ビデオストリーミング、ハイエンドゲームなど車載インフォテインメントシステムの高度化に伴い、高容量NVMe SSDや高性能グラフィックスDRAMなどの高容量かつ高性能メモリ半導体の需要も増加している。 サムスン電子は2017年に業界初の車載用UFSを発売したことに続き、今回サーバレベルに搭載される高性能SSDとグラフィックDRAMを車載用に供給を拡大し、市場成長をリードしていく予定だ。 今回供給される業界最高レベルの高性能の256GB(ギガバイト)SSDは、シーケンシャル読み取り速度が2,100MB/s、シーケンシャル書き込み速度300MB/sで、既存の車載用に搭載されるeMMCよりそれぞれ7倍と2倍速い。 * eMMC : embedded MultiMediaCard 2GB GDDR6は、ピンあたり最大14Gbpsのデータ処理速度をサポートするため、車内で様々なハイエンドなマルチメディアコンテンツを楽しむことができ、大量の自動運転データを迅速に処理して、より安全な運転環境を提供できると期待されている。 * Gbps: データ転送単位で毎秒約10億ビットのデータを送信できるという意味 また、今回の製品はすべて車載用半導体の品質を保証する認定基準であるAEC-Q100規格の認証を取得している。 -40℃から105℃の過酷な環境でも安定して動作し、車載用半導体市場で求められる高い安全性を確保している。 * AEC-Q100 (Automotive Electronic Council) : 自動車電子部品協会で自動車に供給される電子部品に対する信頼性評価手順を規定した文書で、世界で通用する基準 サムスン電子メモリ事業部戦略マーケティング室長のハン・ジンマン副社長は、「最近の電気自動車の普及とインフォテインメントおよび自動運転システムの急速な発展により、自動車産業の半導体交換サイクルが7~8年から3~4年に短縮し、今後性能と容量はサーバレベルまで発展するというパラダイムシフトが行われている」とし、「サムスン電子は、最先端の車載用トータルメモリーソリューションの安定的な提供を通じて、自動運転時代の加速化に貢献していく」と述べた。
왼쪽부터 삼성 오토SSD, GDDR6, UFS, DDR4 칩이 있는 모습입니다.
왼쪽부터 삼성 오토SSD, GDDR6, UFS, DDR4 칩이 있는 모습입니다.
img alt text here

他の画像をチェック

下のボタンをクリックすると、
メディアライブラリで
他の画像を見ることができます。

news.samsung.comに移動